ホーム

2012/4/17 火曜日

増税法案を否決!

これは米国連邦議会のお話しです。

オバマが画策している高額所得者を狙い撃ちした略奪計画。
上院議会で否決!
共和党は賛成しません。
審議入りできません!

富裕層を貧乏にしたからといって、貧乏人が金持ちになるわけではない。

日本は?
増税したくて、したくて・したくて・したくている政府。
「増税やむなし」の、保守を騙る国会議員。

増税に異論を唱え懸念を表明する個人や組織が声を上げ始めている。
増殖している。
「私だけじゃないんだ」
「そう!わたしもです」

テレビ東京「アンサー ニュース」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/newsl/post_18956/

2012/3/7 水曜日

増税 Yes or Noアンケート結果がでました!

「消費税増税」で国会が大騒ぎになっています。
各社の世論調査では
納税者の50%以上が反対しています。

選挙で「全権委任してしまった国会議員」が決定権を持っています。

国会議員(オラが先生)は賛成しようとしているのか
反対しようとしているのか
知りたくね?
知りたいよね。

そこで
日本税制改革協議会では
2月21日(火)〜3月5日(月)の14日間で
すべての国会議員にアンケート調査しました。
国会議員会館の全議員宛にFAXで依頼

集計ができました。
先立って明日3月8日(木)午後2時〜 JTR事務所にて記者会見

3月9日(金)〜
ホームページにて一斉公開します。

2012/2/21 火曜日

増税「世論調査では50%以上がNOだ!」が・・・

決定するのは国会です。
国会議員が決定します。
各国会議員はどのように考えているのでしょう?

知りたい?
知りたいよね。

そこでJTR日本税制改革協議会では
「消費税増税に関する国会議員アンケート」を実施します。
http://www.jtr.gr.jp/015webtsusin/001061.html

本日、13時にFAX一斉送信で衆・参両院の国会議員にお答えいただけるようお願いしています。
お答えは、充分な時間をとって3月5日(月)を締切としています。

結果は3月9日(金)を目途にホームページにて公開します。
転載自由です。

ついでのお願いですが
JTR日本税制改革協議会では
「消費税増税に反対する100万人請願」キャンペーンを実施しています。
賛同される方は TAKE ACTION !
http://www.jtr.gr.jp/015webtsusin/001045.html

ご協力ください。

2011/12/31 土曜日

2011年12月31日(土)の減税男

健全な市場を破壊しようとする政府。
増税・規制強化・バラマキ。
強者に弱いポエム宰相
納税者を奴隷化する狡猾な既得権益者たち。

闘いは21012年へ!

2011/11/8 火曜日

「増税が国を滅ぼす!国民集会」ダイジェスト

YouTubeにあがっていました。
約19分間です
http://t.co/pM0GGG7C

2011/11/7 月曜日

「増税が国を滅ぼす!国民集会」の模様

フィラデルフィアのリバティ・ベル(自由の鐘)は有名ですね。。
米国の独立宣言に際し、自由の喜びを天下に告げました。
日比谷公園の「自由の鐘」は、毎日正午に鳴ります。
60年ぶりに復活しました。

その日比谷公園野外大音楽堂で開催した「増税が国を滅ぼす!国民集会」
当日の模様はこちら
http://www.jtr.gr.jp/015webtsusin/001033.html

新聞記事はこちら
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111105/fnc11110519490010-n1.htm

2011/11/6 日曜日

2,100人が「No !」と叫んだ日

日比谷野外大音楽堂に集結したのは2,100人。
老若男女いろんな人が集まり、みんながしっかりと主張。
グラスルーツ組織、学者、政治家、学生、若者などなど。
この「ごちゃまぜ」感が何ともいえない集会になった。

災害復興に名を借りた増税、さらに思考停止している間に増税だという。
能力のない者に「わたしたちのお金」を渡してはならない。
既に日本国民は、充分すぎる程の「税」を支払っている。
これ以上の増税を容認するなんて、悪事に荷担することに等しい。

しかし、官僚たちは NO と言うまで YES (しかも喜んで)だと考えている。
だから NO ! だと伝えるために、貴重な資源を集結しました。
みんな、ありがとう!

集会の後、デモ行進しました。
約1,500人。
実は減税男、デモ行進は初体験。
実行委員長は当然ながら先頭グループを行く。
日比谷〜新橋〜銀座〜有楽町、道行く多くの人の目線。
「こいつらぁ、共産党じゃねぇなぁ」みたいな。
チョット面食らった感じの目線。
そうなんです、わたしたち「保守主義者」です。
1グループが200名。
6グループ出ていたんです。
第3グループあたりの人たちから聴いたところ。
「わたしたちには、道端から声援の声が出ていた」とのこと。

税というエサによって肥大化する政府は止まらない。
全体主義を懸念する「自由を愛する人たち」の集会とデモ行進の模様は。
産經新聞によって報じられました。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111105/fnc11110519490010-n1.htm

2011/11/3 木曜日

11月5日(土)は日比谷野外大音楽堂で

「増税が国を滅ぼす!国民集会」やります。
減税男が実行委員長を務めます。
「NO ! といわなければ YESだ」というのが政府。
だから、ハッキリした意思表示が必要。

増税で解決した者はいません。
これまでも、これからも。

「連携」する多様な個人・組織が資源を出し合って。
国民集会やります。

日時:11月5日(土)12時開場
場所:日比谷野外大音楽堂
国民集会:13時開演
デモ行進:14時30分〜(予定)
(めずらしく)参加費無料。
http://www.jtr.gr.jp/015webtsusin/001028.html

奮ってのご参加をお待ちしています。

2011/10/20 木曜日

韓国でも「納税者保護誓約書」

韓国の国会は一院制です。
韓国国内の関係組織(ヤバくありません)がアクション。
国会議員や知事から納税者保護誓約書をとっています。
詳細は次の会員向け「JTR通信Vol.7」で。

2011/10/17 月曜日

“Competition” Engine for Prosperity

行ってきました。クアラルンプール。
スピーカーの一人として招聘されました。

会議名称は ” Economic Freedom Network Asia 2011 Conference ”
ブログ表題が今回の会議テーマです。
会議日程は10/10(月)〜12日(水)。
主催者はフリードリッヒ・ナウマン財団。
共催は IDEA Institute for Democracy and Economic Affairs
       CPPS Centre for Public Policy Studies
会場は「ロイヤル チュラン ホテル」へ。
国際的な「非・御用会議」。
されど、参加者はアジア諸国を中心に200名を超える大がかりなもの。
日本からの参加者は『減税男』のみ。

小生はスピーカーとして「増税の必要はない。増税は国力を弱める」というプレゼンしてきました。
もちろん、『税』は一円も使っていません。

財務大臣の安住淳(あずみ じゅん)衆議院議員は『増税しま〜す!』
G20で宣言してきたようです。
国際公約というお墨付きを既成事実化させたという大本営発表。
財務省官僚は、さぞ喜んでいることでしょう。
でも、さぞ各国代表に相手にされなかったことでしょうね。

会議の報告は会員向け「JTR通信Vol.7」で。

次のページ »
カレンダー
2017年 11月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930